全日本建築士会について 50余年の建築士育成事業の実績をもとに、一般社団法人全日本建築士会が総監修した、建築関連資格の特別養成講座
本会主催公益事業

日越伝統木造建築会議 ベトナム・トゥア・ティエン・フエ

日越伝統木造建築会議 ベトナム・トゥア・ティエン・フエ

日越独仏韓5ヶ国 伝統木造建築 国際会議開催

国際シンポジウムの開催に向けて

ユネスコ・イコモスの日仏準備会議

日仏景観会議、倉吉

日越伝統木造建築会議 ベトナム・トゥア・ティエン・フエ

日越伝統木造建築会議 ベトナム・フエ

日仏景観会議、倉吉

日仏景観会議、伊勢

日仏景観会議、日光・田母沢・東京

平成28年度二級建築士長期設計導入(通学)
平成31年度二級建築士長期設計製図導入講座・通学
受講期間受講時間受講料 申込ボタン
2回12時間45,000円(税込)

二級長期設計製図導入講座の通学講座は、渋谷(日曜)教室、関西大阪(日曜)教室、名古屋(日曜)教室での開催となります
本講座は、教育訓練給付制度の対象講座ではありません。

申し込み

現行割引率での優待割引11月30日(金)
までとさせて頂きますのでご了承ください。

(通信講座はこちら)

近年の試験の対応として、厳選された練習課題により高い建築計画能力を養成するために、出きるだけ早い時期から計画的に準備を進めることが合格の鍵!


31年度設計製図試験への準備として、課題発表前から準備を進めることが重要!


あくまでも付け焼き刃的準備ではなく、合格に必要な高い建築計画能力を身につけるためには練習のための対象建物の種類が何であるかは直接関係ないことを理解することが必要!


長期設計製図講座を受講していたKです。無事合格することが出来ました!早稲田と渋谷で担当していただいた4名の先生方にお伝えいただければと思います。ありがとうございました。

いつもお世話になっております。二級建築士製図試験、無事に合格しました。添削指導ありがとうございました。学科免除の最後の年だったのですごくプレッシャーがあったのですが、丁寧な添削指導と励ましのおかげで良い結果を得ることができました。添削担当の先生にもよろしくお伝え下さい。

二級建築士長期設計講座 早稲田教室でお世話になりましたHです。お蔭様で二級建築士合格させて頂くことができましたのでお知らせいたします。I先生、渋谷教室(土曜)の先生方本当にありがとうございました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。ご報告まで。

仕事も忙しく製図のスピードが遅く落ち込みがちでしたが、練習すれば絶対に合格できると励まして頂き、的を絞ったポイントもとてもわかりやすかったです。こちからの質問についても単刀直入にアドバイス頂き、静かな感じで、しつこい押し付けが一切なかった事が、とても居心地が良かったです。有難うございました。

製図講座は環境が大変よく、ベストな状況で学べました。 人数も少人数制で、一番不安であった製図でしたが、日に日にスピード アップでき、先生からのアドバイスも受ける事ができました。 マイペースに焦らず、励まされながら勉強できた事が、合格につながったと思っています。自分に大変合っておりました。

様々なバリエーションで練習できたので、課題に対して固定概念を持たず、試験に対応できたので大変良かったと思います。

渋谷教室の先生は二人とも大変熱心な指導でした。製図中でも図面をみて指摘して下さったり、一人の先生はスケールモデルを作って、図面の構造を説明してくれました。大変お世話になりました。

配布された、エスキースの解答や参考資料は私に取って不足している知識を補うことができました。このおかげで合格を勝ち取ることができました。有難う御座いました。

近年の二級建築士設計製図試験の合否を分ける最も重要な要因は、計画力、その基本とも言えるエスキース力であり、試験に合格するためには、充分なエスキース力を養い、身につけることが不可欠であることは言うまでもありません。このことは、近年の試験制度の見直しにより、更に重要度が高くなっています。

エスキース力を養うためには、ただ単に課題を多くこなすだけでは不充分で、本会の講座では、少人数制のなかで、一人一人の受講生のエスキース力、ネックとなっていることを充分把握することから始めます。

各々の受講生に対応した指導と、課題発表時までに高いエスキース力を養うことにより、大きな成果を挙げております。

(通信講座はこちら)


●お問い合わせはこちら
電話:03‐3367‐7281
メール:全日本建築士会

本会の建築士講座は、中央省庁・
県庁や我が国を代表する企業の研修に
採用され、公立大学の社会人公開講座
にも採用された実績を有しています。

受付は平日午前9時30分より午後6時までとなります。
受付時間以外、夜間及び土・日曜日・祝日はメールにてお願いいたします。

▲TOPへ戻る

Copyright(C) 2005 一般社団法人全日本建築士会. All rights reserved.