全日本建築士会について 50余年の建築士育成事業の実績をもとに、社団法人全日本建築士会が総監修した、建築関連資格の特別養成講座

合格への鍵 講座>新傾向問題>ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)

新傾向問題講義メモ

新傾向問題講義メモでは、近年の傾向である、より深い理解を要する新しい傾向の問題を取り上げて紹介していきます。内容は、随時更新する予定です。

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)は、設計、施工、維持管理までのコストや工期、品質情報等すべてを統合したデータを活用して効率的に業務を進める手法で、一般に、コンピュータ上で作成される情報モデルを使って表現される。

BIM の持つ豊富な情報を容易に抽出し、作業の範囲を特定して利用することができ、システム、アッセンブリ、シーケンス情報を施設全体および一部など関連する範囲で表示することにより、建設工程、施設管理、建物のライフサイクル等のコストマネジメントやプロジェクトマネジメント等の広い分野で利用される。

その他の新傾向問題講義メモ

いま、当会の講座に資料請求された方には、当会講座の総合監修者による、重点事項対策の解説DVDを無料でプレゼントしています。

Copyright(C) 2005 一般社団法人全日本建築士会. All rights reserved.