全日本建築士会について 50余年の建築士育成事業の実績をもとに、社団法人全日本建築士会が総監修した、建築関連資格の特別養成講座

合格への鍵 講座>新傾向問題>LCC(ライフサイクルコスト)

新傾向問題講義メモ

新傾向問題講義メモでは、近年の傾向である、より深い理解を要する新しい傾向の問題を取り上げて紹介していきます。内容は、随時更新する予定です。

LCC(ライフサイクルコスト)

建築物の初期建設費から建築物の使用される期間の総費用(修繕・改修・清掃・保守等の全費用で通常60年間程度の期間を考える)の合計。以前は、初期建設費のみを問題とすることが多かったが、近年は建築物の生涯コスト(LCC)を考慮して計画することも多くなってきた。近年比較的、新しい問題として建築計画(建築経済)に出題されることがある。

LCCO

LCCが建築物の生涯コストであるのに対して、LCCOは建築物が建てられるときから、その建物の使用期間中(通常60年程度)に冷暖房等で排出されるCO(炭酸ガス)の総合計のこと(建築物に使用される材料を製造される際に排出されるCOも含む)。近年、地球環境を考慮して大規模建築等の計画時に考慮されるようになってきた。新しい問題として、建築計画(環境)に出題されることがある。

その他の新傾向問題講義メモ

いま、当会の講座に資料請求された方には、当会講座の総合監修者による、重点事項対策の解説DVDを無料でプレゼントしています。

Copyright(C) 2005 一般社団法人全日本建築士会. All rights reserved.